安心して自転車に乗るために自転車保険をかけましょう

保険会社を選ぶ

タイヤが黄色の自転車

最近自転車での事故の報道が増えてきています。
たかが自転車と言ってしまいそうですが、大怪我に結びついたり相手に後遺症を与えてしまうような大事故に発展する可能性も多いのです。
警視庁の発表では4分に1件の事故が報告されています。
自分の怪我にも対応でき、なおかつ相手の怪我にも対応できます。
比較的月々低額での掛け金で入れますので、きっとぴったりのものが見つかると思います。
自転車は子供が運転していても加害者になってしまう可能性があります。
莫大な損害賠償を請求されてしまうこともありますので、安心の意味で入っておきたいものです。
各保険会社でも取り扱いが増えていますし、家族全員が入ることで月々の支払いが安くなると言う嬉しいサービスもあります。

自転車保険の歴史は古く、1980年代にはありました。
しかし保険料の金額と事故件数や賠償金額の高騰により採算が取れなくなり、単独での保険販売の中止が増えました。
ですが自転車ブームの加熱や事故も多発したことにより、単独での保険も出てきました。
自動車ならばすんなりと入りがちな保険ですが、気軽に乗ることのできる自転車ですからいつ何があるかわかりません。
備えておくことが大切です。
意外とスピードが出ますのでちょっとした接触でも打ち所が悪いと大事故につながります。
数千万円の支払命令が出されたこともありました。
免許も必要なく子供からお年寄りまで乗れる便利なものだからこそ、大切な人を守るために加入しておきたいものです。